会社概要

会社概要

会社


会社紹介


Wirop九春工業株式会社は1979年、ベン・チウ氏(Ben Chiu)により創設され、初の台湾製油圧プレス機が誕生しました。
当社の主要工場は、台湾第二の都市 高雄市にあります。
高雄市は台湾の南側に位置し、港に面した環境で港湾関連の産業が盛んな都市です。当社もこうした産業の需要に応える
べく創業し、創業以来、「欠陥ゼロ・ベストを尽くす」を社訓として、製品の改良と品質向上に邁進してまいりました。今日ではそうした当社の精神・製品が市場に根付き、さらに高品質、高操作性の製品として業界で高い評価をいただいております。

ワイヤロープ末端加工のエキスパートとして30年以上の業歴を持ち、現在では世界80カ国以上、約1,000社のお客様に当社の機械と製品をご利用いただいております。


主要製品


▼ 油圧プレス機:15~ 4000 tons
▼ 引張試験機:50 ~ 3000 tons
▼ スウェージダイス
▼ 油圧ワイヤロープカッター、テーパー溶断加工機、コイル巻取機、シャフトレス巻取機
▼ 自動計測切断機
▼ アルミクランプ管:#1 ~ #S128
▼ フレミッシュ・アイ鉄クランプ管:#1/4”~#6”
▼ コンテナシール
▼ 特殊工法(SEEEプレテンション工法、グラウンドアンカー工法)によるタイケーブル、橋梁ケーブル及び構造用ケーブル

サービス

お客様にご満足いただけるサービスをご提供することも当社が最も大切にしていることの一つです。
素早く、そして丁寧にご対応させて頂くことがお客様と良い関係を築く第一歩だと信じております。
これまで国内外問わず、多くのお客様に当社のサービスを満足いただき、良い関係を築いてこられたことが、我々の誇りです。

沿革

FEB. 1979
九春工業の創業 初の製の油圧プレス機とダイスの提供

AUG. 1983
コンテナシール生産 開始

FEB. 1985
高雄市鳳山に工場を移転

DEC. 1991
ドイツと技術提携

MAR. 1992
タイケーブル、橋梁ケーブル及び構造用ケーブルの生産開始

SEP. 1993
品質と輸出製品が高く評価され金龍賞(the Golden Dragon Awards)を受賞

APR. 1997
優秀な製品が評価され金球賞(the Golden Global award)を受賞

JUN. 1997
屏東へ移転、ISO 9001:2008 品質マネジメントシステム認証取得

JUN. 1998
ロイド・レジスター 品質マネジメントシステム認証取得

OCT. 1999
アメリカワイヤロープ加工業界AWRFに加入

JAN. 2000

日本の株式会社エスイー社と技術提携。SEEE工法製品(タイケーブル、橋梁ケーブル及び構造用ケーブル)
生産開始

OCT. 2002
初の3000トン油圧プレス機製造

SEP. 2004
初の2000トン引張試験機の製造(全長100メートル)

APR. 2005
高雄へ移転。工場の拡張

JUN. 2005
フレミッシュ・アイ鉄クランプ管#6”製造 同製品の公式試験合格

OCT. 2005
垂直型耐疲労試験機製造 同試験機公式試験合格

FEB. 2006
フレミッシュ・アイ鉄クランプ管#6”の全行程社内製造開始


SEP. 2007
初の4000トン油圧プレス機製造

OCT. 2009
社内実験室がISO/IEC 17025 準拠 TAF (Taiwan Accreditation Foundation)認証取得

JUN. 2012

顧客数が世界80カ国、約1000社に到達

SEP. 2013
3000T引張試験機製造(全長109メートル)

NOV. 2014
新工場完成、コンテナシールと橋梁ケーブル及び構造用ケーブルの部門の移転

研究開発

▼ WIROP® はISO/IEC 17025 準拠 TAF (Taiwan Accreditation Foundationto)公認の研究室と研究チームを設け、
    各製品の細部まで完璧を追求すべく、日々研究と開発を進めております。



▼ ロイド・レジスター品質マネジメントシステムを取得致しました。研究開発過程では最新の3D模擬(FEM)方式
    を取り入れ、誤差を最小限に抑えることを可能にし、安定的な生産を実現しております。

▼ ワイヤロープ製造者や加工者のご意見を取り入れ、応えていくために、日々技術革新に努めております。

▼ 研究室には ①100T垂直型耐疲労試験機 ②10T/100T/750T/2000Tの引張試験機を備えております。



品質管理

▼ ”製品への飽くなきこだわり”の精神で、製品製造過程を厳しく管理しております。
    ロイド・レジスター、ISO 9001:2008 品質マネジメントシステムを取得し、製品製造工程の各階段において、
    厳しく品質管理を行うことで、お客様に自信を持って当社製品をご使用いただいております。

▼ 製造過程の各階段及び出荷前には厳密な品質管理を行っております。

▼ アルミクランプ管、フレミッシュ・アイ鉄クランプ管は製造過程でサンプルを取って、成分分析を実施しており
    ます。

▼ アルミクランプ管、フレミッシュ・アイ鉄クランプ管はEN13411-3の規格に従い、試験を実施しております。
    クランプ管を使用して製作したワイヤロープスリングの耐疲労試験では、規格破断値の15~30%で、少なくとも
    75,000サイクル繰り返した後、破断試験を実施し残存強度を記録致します。

▼ 橋梁ケーブル、コンテナシールなど、お客様御支給製品の試験も承っております。